【#1 筑波大学 人形劇団NEU】


こどもとつながるプロジェクト『新歓応援企画』

第1回は筑波大学【人形劇団NEU】を紹介していきます!

キャッチコピーは

『やりたいこと、新しいことに挑戦する人形劇団』

主な活動は団員と人形劇を作り、様々な場所に届ける活動。子どもが楽しめる人形劇はもちろん、大人向けの作品作りにも力を入れている団体です。

人形は棒づかい人形や抱え使い人形をなんと、デザインから自作しています!

作品のイメージに合ったキャラクターや人形を一から作り、演じるまで行きついた時の達成感は他には代えられないものになりそうですね…。

また、機材にも力を入れている団体です。

機材を持ち運び、学外でも様々な活動を行っています。

その機材がまた凝っていて魅力的なんですよ…

いいだ人形劇フェスタでの公演を観劇しましたが、何もない普通の集会場を暗幕、音響と照明を駆使し、見事な人形劇場に仕立てあげていました。

複数照明による丁寧な暗転、ライブハウスで使用するような音響機材を使った世界観をより搔き立てるBGM、「えっ、そんな仕組みもあるの⁉」ギミック満載の小道具の数々。

演じる事だけでなく、機械の知識や技術も学ぶことができる場になっているなんて…

初心者でも、現役生で電子機器のスペシャリスト、宴くんが手取り足取り教えてくれるでしょう!

また、さまざまな外部との交流もあり、人形劇を見に行ったり、ワークショップや交流会に積極的に参加しています。

こっぷ企画の児童文化フェスには毎回参加してくれる常連で、他団体との情報交換や交流を積極的に行っている印象がありますよ!

初回の参加でオリジナル作品「ツンデレラ」の公演をしてくださいました。

「人形劇は子どもの為にあるもの」という自分の固定概念を圧倒的熱量で溶かしきってくれました。

人形劇はフリースタイル。楽しみたい、楽しませたいと思う気持ちがあればどんな人でもターゲットになるのだと!

思わず「どんな展開⁉」とツッコミたくなる展開。

他団体の人形劇サークルもこの写真で気になる方は多いのでは?


また宴くんが1人で児童文化フェスに参加してくれた際、「おとしもの」の公演ダイジェスト動画を流してくれました。

公演内容も勿論凄いですが、彼の真骨頂はここからでした。

『プレゼン力』

企画も構成も、見る人をグッっと引き込む力があります。

個人的に言葉のチョイスが好きです。自分では使用することがない言い回しとか。

iPhone新作発表会かよ。スティーブジョブズもびっくりするわ。

最後に団体からメッセージです!

「団員は男女を問わず仲が良くて、とても温かい雰囲気のサークルです。みんな人形劇に対しては真剣なので、様々な発見があるし、やってみたいことをサポートしあいながら実現できる環境があります。初心者も大歓迎です!」

新入生の皆さん、ぜひ一度顔を出すだけでもいいので来てみてください!皆さんに会えることを心から楽しみにしています!


公式サイト:https://salon-de-neu.jimdofree.com/

公式Twitter:@tsukuba_neu

公式ブログ「ノイブログ」:https://blog.tkbneu.net/

学生・社会人団体 こっぷ 〜こどもとつながるプロジェクト〜

こっぷです。

0コメント

  • 1000 / 1000