【#2 学習院大学児童文化研究会】

第2回は学習院大学児童文化研究会さんです。

こどもとつながるプロジェクトが企画した「こっぷ配信」を視聴してくださり、そのご縁で団体紹介をさせて頂くことになりました。


こっぷ代表は「こっぷ配信の宣伝をTwitterで見て、参加、新歓応援企画にも続いてくれました!その勢いを見て!好き!!」ともうゾッコンです。

そんな強い行動力を持った団体とは、いったいどんなものなのでしょうか…


団体の活動としては

主に週2回の人形劇を練習に加え、近くの公民館や学祭での公演がメインになります。

団体からは「人形劇は簡単で誰でも動かせるものなので楽しいです!!」

とのコメントを頂きました。

人形劇は、垣根が低く、初心者でも入門しやすいジャンルだと思います。

『興味はあって演じてみたいけど、恥ずかしい…』

と思う新入生、いますよね。

よく考えてください、いや、よく考えなくてもよいのかもしれません。

『顔隠れるじゃん⁉』

そうです。自分の声と手の動きで表現することが可能なのです。

恥ずかしいから入部を迷っている人、迷いは無くなりましたね!

部員数は少ないようですが、オンラインでの新歓活動を本当に頑張っている様子でした。zoomやインスタライブ、LINEライブを活用して、できることに取り組んでいるようです。

今後の活動としてはSkypeで紙芝居を鋭意制作中!

一体どのような作品になるのでしょうか。

最近ではプロの人形劇団がオンラインで公演をしたり、人気グループ『嵐』がリモート紙芝居を行ったりしていましたね。

オンラインで児童文化活動に取り組み、作品を子ども達に届ける素敵な活動。

きっと、普段から交流のある児童館の子ども達は自分の知っているお兄さんお姉さんに声が聞こえるだけでも安心するのではないでしょうか。

そして自分は見つけてしまいました…

YouTubeに「おうち時間」で楽しめる人形劇がアップロードされているのを!

https://www.youtube.com/channel/UCKAXk4mTVPjJmWxxKUY7ysg

アピールポイントは

「普通のボランティアサークルだけではなく、人形劇という1つの演劇を通してボランティア経験もできること!また部員はみんな仲が良くみんな部室が大好きです笑」

アットホームなサークルの雰囲気って、作品や活動にも表れると思うんですよ。

子ども達や保護者もそんな空気感を感じ取り、その場が和やか雰囲気に変化していくところが想像できます。

新入生のみなさんも、素敵なメンバー達が、温かく迎え入れてくれるのではないでしょうか。



そこで、こっぷ配信に参加してくれたメンバーの印象を、こっぷメンバーが勝手に紹介しちゃいます!

会長のコウキくんの宝物は"埴輪"

こっぷ企画でも嬉しそうに見せてくれました。新入生のみなさん、話すきっかけになるかもしれませんよ。そんなユーモア溢れる会長さんです。

副会長のアヤカさんは、優しくて丁寧、話していて安心感があり心地良かったです。彼女の宝物は、お友達が写っている写真。自分よりも他人を大切にすることのできる彼女と一緒なら不安な学生生活も安心して過ごせると思います!

メンバーのイメージが少しでも掴むことができたら幸いです。

サークル・団体のキャッチコピーは

『子供に笑顔を咲かせよう・みんなで楽しく活動しよう・一つの人形劇を全力で作り上げよう』

メンバーからは「ボランティアだけではない!!大学で最高の思い出を作りたい方ぜひうちのサークルに入ってください!!」

とのメッセージを頂きました。

オープンチャットや質問箱もやっているので、わからないことは是非メンバーに聞いてみてくださいね! 

〇LINEオープンチャット

https://line.me/ti/g2/kZstWWrFaqpjZe77ww6w9Q?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

〇質問箱

https://peing.net/ja/q/b0f01c9d-7835-4b6b-8301-636ba9fb25dc 

学生・社会人団体 こっぷ 〜こどもとつながるプロジェクト〜

こっぷです。

0コメント

  • 1000 / 1000