【#4 つる子どもまつり事務局】

突然だが、『水戸黄門』をご存じだろうか。1969年から長きに渡って放送されていた時代劇。

筆者が子どもの頃、祖父母がが大好きでTVシリーズをよく一緒に見ていた記憶が蘇ります。

悪に手を染める代官の悪事を暴き制裁を加えていく、徳川幕府の繁栄を表している話です。

戦闘シーンが有名だが、個人的には、助さん格さんの人間性がでるシーンが大好きなんですよ~

助さん格さんは幕府の家臣。黄門様をお守りしながら、どんなことでも承り、最善のサポートを提供していくエリート武士なのです。

助さんは武術、特に剣術に優れ、どんな武器でも使いこなす。遊び気質で女の扱いが上手い。

格さんは真面目で素直、勉学に優れているが黄門様と助さんがお調子者の為、時に振り回されていることもあったな。

あ、ちなみに「この紋所が目に入らぬか!」って言って印籠出してるのが格さん。ここテストに出ます。


そんな水戸黄門のTVドラマシリーズが始まった年に山梨県は都留市で始まった子ども達を対象に、学生と地域の団体が協力し合って始めたお祭りがあります。


『つる子どもまつり』


    第50回つる子どもまつり集合写真



今年はコロナウイルスの影響で残念ながら中止になってしまいますが、開催されていたらなんと51回目‼


学生と地域の力が織りなすイベントがこれだけ継続されていることに驚きです。

自分自身も参加したのですが、大学構内で行われる子どもまつりでは、回りきれないほどのブース数があり、地域の方々とのつながりやその長さも感じられます。

地域の団体や学生団体の得意分野を生かしたブースが構内にちりばめられていました。

和太鼓、木工工作、吹奏楽、外遊び、写真撮影、、、、、書ききれません。


    こまつりのマスコット『ササビー』



その多くの団体を取りまとめ、イベントを手掛け、運営する団体が

《つる子どもまつり事務局》です。

子どもまつりの運営を企画、広報、渉外など、部署ごとに分かれて進めていきます。

事務局を中心とした、実行委員の運営も行い、地域や学生団体の架け橋を担っている団体です。

その他にも、芸術鑑賞会を計画。都留市にプロの人形劇、人形芝居燕屋さんを招聘し、芸術鑑賞の機会をもたらしています。

事務局無くしては地域との繋がりは生まれないのです。


       芸術鑑賞会にて



こっぷメンバーからのメッセージです。

『学生の力が、地域のコミュニティを形成し、沢山の子どもの笑顔と大人の笑顔を作り出しているのです。そんな子どもまつりの実行委員会を設定・運営するなんてすごい!!

こっぷにいつも参加してくださる事務局の方は、企画力あり面白さあり行動力あり…ついて行きたい姉御です。その他にも愉快で暖かなメンバーの方々が勢揃いです。』


メンバーのみなさんが個性的です。助さん、格さん、弥七、八兵衛、お新、、、、

え?例えがわからんって?水戸黄門見るか、事務局メンバーにお会いしてください。


そしてなんと、こっぷメンバーに元子どもまつり実行委員長が在籍しているのです。

『子どもと関わることは勿論、学生、市民、社会人、、様々な団体と関わることができ、会議のファシリテーター力がめちゃくちゃUPする!!!

と感じてます。つる子どもまつり事務局さんには頭が上がりません。』

話し合いの進行力、まとめる力があるメンバーですが、その基盤を作ってくれたのは事務局かもしれませんね…。




そんな事務局のメンバーからメッセージを頂きました!

昨年度の事務局メンバー・実行委員長・司会のお姉さん




『普段の大学生活ではできないイベント開催の裏側が体験できるので、ひとつの大きなイベントを作り上げる達成感が得られたり、勉強以外でこれをがんばった!と言えるような経験ができます!『地域とともに、子どもたちのために』都留市民の方々とも広く深く交流することができ、市民活動に興味がある方にもお勧めですし、子どもだけでなく、学祭運営や企画スタッフにピンと来た方にもお勧めです。

一緒につる子どもまつりを作り上げてくれる仲間を、事務局員一同お待ちしております!』


つる子どもまつり事務局は「子ども達がどうしたら楽しんでくれるのか」という課題に全力で取り組む団体であると個人的に考えます。


黄門様はおっしゃいました。

『人の上に立ち、力を握った者は、ともすればその力がなんであるかを忘れ、その力のみに執着する。それが間違いの元。力は国のため、民のために使うもの。己のためだけに使うものではない。』


束ねる者が目的を持ち、子どものため、地域のために持てる力を最大限に発揮していく。


地域・子どもという主の為、最善を尽くし、どんなことでも取り組んでいく家臣。

そんな、助さん格さんになりたい学生は是非。


学生・社会人団体 こっぷ 〜こどもとつながるプロジェクト〜

こっぷです。

0コメント

  • 1000 / 1000